カルドメックチュアブル

お金のかかる犬のフィラリア対策

 自宅で飼っている犬のフィラリア薬のお話です。以前は、毎年、近くの動物病院でフィラリア対策として、カルドメックチュアブルを処方してもらっていました。時期としては、蚊の発生する季節を見込んで、春先から冬の終わりぐらいでしょうか。まあ、動物病院で診察を受けるととにかくお金がかかるのです。このフィラリア対策は、カルドメックチュアブルを購入して、自宅で食べさせるだけなのですが、結構高額な請求がきます。フィラリア対策だけではありませんが、とにかく動物病院に行くとお金がかかり、もう少しなんとかならないかとずっと思っていました。ペットを飼うとフードやら、おトイレの消耗品やらでなにかとお金がかかります。

 

カルドメックチュアブルが安く売られている!

 ある時、ネットで調べてみると、カルドメックチュアブルは日本での商品名で、海外では全く同じものが、ハートガードとして安く販売されているらしいのです。

ペット薬の個人輸入サービスがあることは知っていましたので、調べてみると、ハートガードとして販売されているものがいくつかありました。値段を見てみると、いつも行きつけの動物病院で処方してもらっているものより、割安な値段でした(驚)

 

 

ハートガード(カルドメックチュアブル)を買ってみました

ハートガードプラス Heartgard Plus 小型犬用は、カルドメックと全く同じものですので、フィラリアの予防とノミの駆除に効果があります。

 

商品のオモテ面。

 

信頼のメリアル社の製品です。

 

ウラ面。処方時期を忘れないようにカレンダーが印刷されています。

 

側面。

 

商品の中身です。薬本体(6錠)、説明書、カレンダー貼り付け用シールが入っています。

 

薬本体のオモテ面とウラ面。中に薬が4錠入っています。

 

 

説明書。

 

実際にカルドメックチュアブルをお使いの方の感想

カルドメックチュアブル(ハートガード)の使用の感想を実際に聞いてみました。

 

愛犬はジャックラッセルテリアです。

 

愛犬のお名前は ……
続きはこちら

 

 

使用者様の感想

これまではずっと病院で買っていて、最近になって、インターネットでも買える事を知りました。多頭飼いなので安いのは助かります。

また、カルドメックを使用する時期が来たので購入します。まとめ買いをすることもあります。病院で購入するより安価で手に入れることができ感謝です。

友人がこの薬を使用していてこのまま知らなかったら、ずっと高い病院の薬のままでした。先月与えてみましたが、副作用もなさそうです。同じ薬なので当たり前でしょうが。これからも使うことになるでしょう。

病院でもらうのと同じ成分で、しかもお安いので助かります。ウチでは夏の間だけではなく、年中飲ませていますのでお安くて助かっています。

 

カルドメックチュアブル(ハートガードプラス)は、こちらで購入できます。 中型犬用、大型犬用のものもありますよ。
ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

 

 

カルドメックチュアブルと同様のフィラリア薬は次のようなものがありますよ。

商品名 (メーカー) 商品の説明
ストロングハートチュアブル(サヴァ・ヴェット sava vet) カルドメックのジェネリック医薬品で、同じチュアブルタイプで、薬品の成分量、安全性が同一です。実際に買ってみました。
キウォフハート(サヴァ・ヴェット sava vet) 

 

カルドメックのジェネリック医薬品で、タブレットタイプでエサに混ぜやすく、簡単に投与できます。実際に買ってみました。
インターセプタースペクトラム(エランコ elanco) カルドメックの高機能タイプで、カルドメックの効能に加えて、犬鞭虫、瓜実条虫及び多包条虫の駆除に対応しています。同じチュアブルタイプです。
ハートプロテクトプラス(バジル BASIL) カルドメックのジェネリック医薬品で、チュアブルタイプでオヤツのように食べられます。
バジルガードプラス(バジル BASIL) カルドメックのジェネリック医薬品で、錠剤タイプです。フィラリア症の感染を防ぎ、回虫類、鉤虫類の治療と抑制にも効果あり。